卵巣嚢腫発覚

子宮筋腫の手術後、傷はちょっと痛いし、たまに熱も出ましたが順調に回復していました。

 

続きを読む

子宮筋腫手術にかかったお金

入院が決まった時、会社から限度額認定証を取ることを勧められました。

これは医療費の支払いが限度額までとなり、窓口での負担を減らすことができる仕組みです。

続きを読む

子宮筋腫術後

長かった夜も終わり、朝が来ました。

こんなに朝が待ち遠しかったことはありません。

続きを読む

子宮筋腫手術当日

なかなか寝れませんでしたが、いつも起床が4時のためか4時過ぎには目が覚めてしまいました。

この日は朝から絶食で、暇な上お腹もすいてなかなか午前中は時間が進まない感じでした。

続きを読む

子宮筋腫手術前日

今回の手術は腹式子宮筋腫核出術という開腹手術でした。

筋腫は子宮体部に約6cmでしたが、おそらく私の体型のため、開腹手術だったのだと思います。

 

続きを読む

子宮筋腫手術準備

リュープリンを打っても全く変化がなかった子宮筋腫ちゃん。

という事で手術が決まりました。

私にとって初めての入院、初めての手術。

ちょっとだけワクワクしていました。

それは準備!

何でも本番より準備が好きなタチですので、入院準備は楽しい♪

準備のときは色々な人のブログを参考にさせていただきました。

私の持っていったものはうろ覚えでお役に立てることは少ないと思いますが、書いてみたいと思います。

また、卵巣嚢腫の手術が決まりましたのでそちらの準備のためにも思い出してみようと思います。

 

続きを読む

MRI検査

MRI核磁気共鳴画像法の検査も受けました。

海堂尊さんの本が大好きなのですが、その中で放射線科の島津という先生がMRIをやっておられて、あだ名が「がんがんトンネル魔人」

そのため、どんなうるさい装置なのかととても不安でした。

実際はヘッドフォンをつけてもらえるので、音は殆どきになりませんでした。

それよりもMRIの中はとっても狭く、思った以上に不快というか落ち着かない空間でした。

MRIを受ける前は、割と狭い場所好きだし全く不安に思っていなかったので予想外でした。

 

MRIを受けるときはお腹に重し?を載せられ、ベッドに固定され、頭から機械に吸い込まれていくと、何かあったときに逃げられないという不安に苛まれ、逃げ出したくなりました。

幸い頭は機械の外にほんの少しだけ出ていましたので、なんとか落ち着き殆ど目を瞑って過ごしました。

 

MRIの結果からも筋腫は6cmほどで、卵巣には異常がないということで少し安心しました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村