読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮筋腫手術当日

なかなか寝れませんでしたが、いつも起床が4時のためか4時過ぎには目が覚めてしまいました。

この日は朝から絶食で、暇な上お腹もすいてなかなか午前中は時間が進まない感じでした。

 私が入院した病院では、朝9時から夕方4時までが入浴可能で、特に予約等なく空いていれば使用可能でした。

朝10時くらいにシャワーに行き、とりあえず読書をして時間を潰していました。

11時過ぎでしたか、看護師さんが浣腸を持ってこられました。

できれば3分頑張って欲しいと言われ、トイレで待機しましたが、1分持たずに・・・。

その後家族が来て、少し話し、いよいよ手術へ!

 

手術室へは歩いて行きました。

ストレッチャーで運ばれるのかと思っていたので、少し肩透かしの気分。

家族とは廊下で別れ、手術室へ。

メガネやコンタクトができないので、部屋の様子はぼんやりしかわかりませんでしたが、クリーンになっていないためかテレビで見るような手術室とは少し違った感じでした。

 

手術のベッドに横になると麻酔が注射されました。

16ほど数えたところで記憶がなくなりました。

 

次に気づいたときは、ストレッチャーに乗せられるところでした。

看護師さんと思われる方から、無事手術が終わったことを教えてもらいました。

病室に戻り、家族にも何か言われましたがあんまり覚えていない・・・

 

痛みは麻酔が効いていた為があまり感じませんでしたが、枕もなく、横も向けないため全然眠れない!

腕に付けられた血圧計が30分に1回動くのですが、血圧が高いためものすごく絞められた痛い。正直術後の傷より全然痛い。

看護師さんからは、

術後は癒着?を防ぐためにも動ける範囲で動いて欲しい

血圧は高いので痛いのは我慢して

と言われ、眠れない・痛い・動けないのに動かないといけないと最悪の夜でした。

早く朝になることだけを祈っていました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村