読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮筋腫術後

長かった夜も終わり、朝が来ました。

こんなに朝が待ち遠しかったことはありません。

 手術をしたため、尿管をつけられていて、これがすごく嫌でした。

入院時でいちばん恥ずかしかったことですね。

で、朝9時くらいに立ち上がってトイレに行くことができれば外せます

と言われたため、看護師さんを待っていましたが、来たのは10時ಠ_ಥ

ゆっくりで大丈夫ですよー

と言われましたが、ゆっくりした動けません。

それでもベッドから起き上がり、点滴につかまりながら何とかトイレまで行ってくることができました!

因みに、個室でしたがトイレがついていないため、共同トイレに歩いて行きました。

個室なのに、差額ベッド代5000円も取るのにトイレがついてないなんて・・・

 

トイレに無事行ってきたあとは、尿管も外れ、少し自由の身に。

やはりなるべく動くよう言われ、病院内をウロウロ。

手術翌日は一日点滴があったため、点滴台に寄りかかりながら歩いていました。

2日目には点滴がなくなったのですが、看護師さんのご好意で点滴台だけ貸していただき、杖がわりにして歩いていました。

 

食事は手術翌日が重湯、次の日はお粥で、3日目から普通食でした。

重湯ははっきり言って全く美味しくないため、ほとんど食べられませんでした。

 

術後は熱出る人もいますよ、と言われましたが、40度近くまで上がりました。

その後も退院日前日まで38度以上あり、危うく退院が遅れるところでした。

熱についてはかなり検査したのですが、原因不明で、毎日解熱剤と保冷剤のお世話になっていました。

 

傷については、あんまり痛みはなかったと思います。

 

手術2日目にはシャワーの許可も出て、さっぱりしました。

 

今思い出しても一番辛かったはやはり手術直後の夜です。

もう二度と味わいたくないと思っていました。

 

にほんブログ村 病気ブログ 子宮筋腫へ
にほんブログ村